事務所や店舗の盗難事例

事務所や店舗の盗難事例

事務所や店舗の盗難事例

スーパーで200sの金庫ごと売上金320万円盗難
読売新聞:2009/5/22
午前2時45分頃、名古屋市内のスーパーの出入り口の警報装置が作動し、 警備員が事務所内の金庫がなくなっているのを発見した。 金庫には前日までの売上金など約320万円が入っていた。 出入り口の自動ドアとシャッターがこじ開けられて、 金庫は鉄製で200キロ以上の重さがあり、複数犯行の可能性があるとみて捜査している。

 

 

法律事務所狙い窃盗容疑、中国籍の男逮捕。同様事件10年間で60件。
2018/10/12 西日本新聞
福岡県警は、弁護士事務所に侵入し現金を盗んだとして、窃盗と建造物侵入の疑いで中国籍の会社役員の容疑者を逮捕した。 福岡県内では司法書士や弁護士などの法務系事務所が被害に遭う同様の窃盗事件が10年間で約60件発生しており、関連を調べる。逮捕容疑は広島市の雑居ビル2階の弁護士事務所に窓ガラスを割って侵入、金庫の現金約383万円を盗んだ疑い。狙われたのは、法務系事務所が多く入居する雑居ビルの2階以上。防犯カメラが1階にしかないビルが大半。

 

 

別荘で貴金属類30点盗難 滋賀
引用:2017/6/25京都新聞
1750万円相当被害。24日午後5時ごろ、滋賀県高島市新の別荘で、 室内にあった腕時計やネックレスなどの貴金属品類計約30点(1750万円相当)がなくなっているのを外出先から戻った別荘の使用者の男性が 見つけて110番通報した。窃盗事件として調べている。同署によると、別荘の窓が開けられ、何者かが侵入した形跡があったという。 24日午前11時ごろ、男性の友人が別荘から外出してからは無人だったという。

 

 

ホテル48部屋から水回り備品や室外機盗んだ疑い、男を逮捕
2021/11/25 岐阜新聞Web
岐阜県警可児署は24日、建造物侵入と窃盗の疑いで関市の無職男(44)を逮捕した。逮捕容疑は休業中のホテルに侵入し、水栓、配水管、シャワーバルブ、給水バルブなど202点(計12万3022円相当)を盗んだ疑い。署によると、男は工具を持ち込み、部屋の鍵を壊して中に入ったとみられる。水回りの備品は48部屋から盗んでおり、これ以外にもエアコン4台、室外機7台も盗んだという。

ホーム RSS購読 サイトマップ