自動電話通報機(※追加オプション機器)

自動電話通報機(※追加オプション機器)

自動電話通報機(※追加オプション機器)

自動電話通報機
雷神コントローラーに有線ケーブルで接続して利用する事ができます。

 

警戒モード中に防犯センサーが侵入者を感知すると、予め登録された携帯電話やスマートフォンに自動的に音声アナウンスを流して異常事態発生を知らせます。

 

 

既設の固定電話回線を使って、予め登録された電話番号最大3カ所まで自動通報できます。1つの電話番号へ1回づつ自動的に電話をかけます。

 

ご利用いただく際は以下のいずれかの雷神コントローラーが必要となります。
コントローラー RCNT-100T 接点信号出力端子1個蔵タイプ
コントローラーRCNT-100BT 接点信号出力端子1個、バッテリ内蔵タイプ

 

 

雷神コントローラー

雷神コントローラー内部の端子台と2芯ケーブルで自動電話通報機と接続します。

自動電話通報装置
雷神コントローラーの信号が内部の端子台に入力されると、予め登録された電話番号へ接点信号異常を知らせる電話をかけ始めます。

固定電話回線網

指定の電話機。ご家族やご親戚、責任者の固定電話、携帯電話やスマートホンを呼び出します。呼び出しの電話に出ると接点信号異常を報せる電話アナウンスが流れます。
既に事務所や店舗に敷設された電話回線を一時的に利用して外部へ緊急通報する仕組みです。新たに専用の電話回線は必要ありません。

 

 

通報先の再生メッセージの例
【緊急事態発生 非常ボタンが押されました 確認してください】

 

音声アナウンスはご自分で吹き替えができます。

 

既にお持ちの電話を一次的に使って通報する仕組みです。専用の電話回線は必要ありません。
※1先に報せる度に10円程度(固定電話へ通報する場合)の電話料がかかる運用イメージとなります。

 

コントローラーと自動電話通報装置、電話回線を接続します。自動通報動作を連動できるようにします。

 

音声アナウンスはご自分で吹き替えができます。

 

電源はACアダプター。

 

離れた第三者に緊急通報する際に使用します。
既設のアナログ電話回線、ISDN回線、ADSL回線に対応。通報先はご自分で簡単に登録できます。 携帯電話への通報も可能です。

 

 

既に事務所や店舗に敷設された電話回線を一時的に利用して外部へ緊急通報する仕組みです。新たに専用の電話回線は必要ありません。
※1先に報せる度に10円程度(固定電話へ通報する場合)の電話料がかかる運用イメージとなります。
※ビジネスフォン、内線電話、PBX交換機、ホームテレフォン、ゼロ発信電話には接続して使用出来ません。
IP電話専用の電話機しか利用できない電話回線では使用できません。

電話線との接続イメージ

自動電話通報機とアナログ電話回線の接続イメージ図
自動電話通報機とアナログ電話回線の接続イメージ図

 

 

自動電話通報機とisdn回線、光電話回線との接続イメージ図
自動電話通報機とisdn回線、光電話回線との接続イメージ図

自動電話通報が作動した時にかかる料金の目安

本システムは、電話通報を行う際に既に建物に敷設されている固定回線(アナログ回線、ISDN回線、ADSL回線、光電話回線)などを、 通報するときだけ一時的に利用して緊急連絡を行います。本製品専用の固定電話回線は必要ありません。

 

電話動作がスタートすると、既設の電話回線を使って登録された電話番号を自動的に呼び出しし、相手先が電話に出ると音声アナウンスが流れてきます。 1先へ通報を行う度に1回10円程度の電話料金を使って、機械が自動的に電話をかける運用イメージとなります。 通話料金は全て電話会社からの電話料金請求となります。

 

電話料金は電話環境(通報する側と通報を受ける側の電話環境)により変わります。
電話料金の目安(2016年7月現在) 
電話料金プランは電話会社によって変わります。詳しくはそれぞれの電話会社にご確認をお願い申し上げます。
NTT固定電話(電話通報機を接続-発信側) → NTT固定電話へ通報する場合(税抜き)平日昼間 3分間10円
NTT固定電話(電話通報機を接続-発信側) → au携帯電話に通報する場合(税抜き)平日昼間 3分間90円
NTT固定電話(電話通報機を接続-発信側) → ソフトバンク携帯電話に通報する場合(税抜き)平日昼間 約15秒 11円

 

 

※ご注意
本製品が緊急通報を行う際に通報機が接続された電話回線が使用中の場合は話中になるため緊急通報を行う事はできません。
相手先が電話に出ないと電話料金はかかりません。留守番電話に回った場合は電話料金がかかります。

ホーム RSS購読 サイトマップ