HOME機器構成操作方法取り付け方法質問会社案内



TD-110電話通報機は生産終了です。


電話通報機td110
電話通報機TD110のご説明
アナログ回線、ISDN回線、ADSL回線などの固定電話を使って自動通報する機器です。
各種セキュリティ機器と簡単に接続してご利用いただけます。
電気工事などに素人の方でもすぐに設定できます。


-電話通報器TD-100の機能と動作-

通報は登録した電話番号に順次通報します。通報先は最大4件まで登録が可能です。

電話通報機td110
設定、登録操作は全て表蓋テンキーで行います。

通報音声アナウンスはユーザーがご自分で登録できます。

1番目に登録した先が電話に出なかった場合は、 この通報を終了し、自動的に2番目に登録した先に通報を開始します。
また、1番目に登録した先が電話に出た場合でも、 2番目に通報先に登録してある場合は2番目にも通報します。
つまり、通報先が出た、出ないに関係なく登録したさき全てに通報します。

通報先が話中だった場合は4回(登録順)までリダイヤルをします。
1回のコールの時間は約40秒です。

通報先を1番目〜4番目まで登録してある場合は4回電話をかけます。 同じ番号を4回登録することも可能です。 アナログ回線のトーン式(プッシュ回線)は話中以外はリダイヤルしません。

1番目はお手持ちの携帯電話など、 いつも電話を受けることができる先を登録することをおすすめいたします。

また、安全のため、できるだけ4件全てに登録することをおすすめいたします。


赤ランプ点灯時(自動通報作動中)は、接続している電話回線は話中になります。 通報中は接続してある電話機、ファックスは使えません。 キーロックが設定してある場合は、Endキーを押して身通報は終了しません。

ターミナルアダプタを接続して使用する場合は、 機種によっては通報先が1度電話に出ても、あと3回同じ電話番号に通報がかかってきます


アナログ回線の他、ISDN回線、ADSL回線をご利用の場合でもターミナルアダプター (TA)やスプリッター(分配器)にアナログ電話接続ポートがある場合は接続できます。

アナログ回線

一般加入電話回線の2線式アナログプッシュ回線(トーン式)・ ダイヤル回線専用(パルス式)のモジュラー6極2芯式です。

※ご注意 ホームテレフォンやビジネスフォン・4線式電話・PBX交換器・ 特殊機能付電話機・ゼロ発信電話・転送電話やISDN等のデジタル電話回線には接続する事は出来ません。



登録通報先へのリダイヤル(再通報)の動き
電話通報器を接続する電話回線に種類によって、リダイヤルの動作が若干変わります

電話回線の種類

アナログ回線のトーン式(プッシュ式)

アナログ回線のパルス式(ダイヤル式)

ISDN回線のアナログポート

話中の場合

話中の先に4回

話中の先に4回

話中の先に4回

電話に出ない場合

なし

出ない先に4回

出ない先に4回

電話に出た場合

なし

なし

出た先に4回

登録した先の全てに最低1回は通報動作をします。

※ アナログ回線に電話通報器に接続した場合でも、 着信側が携帯電話、もしくはADSL回線のIP電話の時、
一旦に電話に出ても数回リダイヤルされる事があります。




【電話送信機(自動通報装置TD-110)の取り付け方法-アナログ回線の場合

取付の際は、必ず付属の取扱説明書をご覧になりながら行ってください。
このページで解説している内容は、あくまで参考資料としてください。




表蓋を、両端を押しながら引っ張るような感じで開けます。

上写真の黒いのは電話送信機用のACアダプタ。


電話送信機の蓋を開けたところ。
左側にケーブルの差込口が2箇所あります。
真ん中で結わえてあるの黒いコードはAC電源ケーブルと、 BBee本体に接続するための2針のケーブルです。
(元々つながっています。)


ケーブルの差込口が2箇所あります。




電話送信機TD-110とBBee本体(Aタイプ)との接続例


BBee本体の裏側に電話送信機を接続する端子が出ています。 電話送信機を接続するのは、写真向かって左側から、 2番目と3番目の端子です。
接続イメージ図は、このページの一番下の方に掲載してあります。 参考になさってください。

※接続する際は、必ず同封の説明書で確認しながら行ってください。



電話通報器の真ん中から出ている2針のケーブルを、 BBee本体の端子に接続します。
※ケーブルの先端は2針に分かれています。
BBee本体に接続するケーブル


細身のドライバーの先で、操作ボタンを押しつけながら、 電話送信機本体から出ている2針のコードを一つづつ差込ます。




コードの先を穴にしっかり差し込んでから、押し当てていたドライバーを離すと コードが固定されます。


同様に、もう一本の方も固定します。 コードは、フックの下を通して、近くのスリットから出します。
電話通報器とBBee本体の接続はこれで終了です。

次は、電話線と電話通報器の接続です。



商品に付属のケーブルを、写真向かって左側の、 TELEPHONELINE(IN)、の方に差し込んでください。


接続する際は、裏蓋の穴を通してください。


今、お使いの電話機に接続されているコードを、 壁から出ているNTT電話回線の差込口から抜いてください。


替わりに、先ほど電話送信機に接続した付属ケーブルを、NTT電話回線の差込口に差し込みます。
※電話通報器TELEPHONELINE(IN)から出ているケーブル。




NTT電話回線の差込口から引き抜いた電話線を、 電話通報器の裏蓋の穴に通します。
※電話機につながっているケーブル(電話線)


電話機から出ているコードを 電話送信器の差込口の、向かって右側、電話マークの方(OUT)へ差し込みます。

表蓋を閉めてから、電話送信機用のACアダプタをコンセントに差し込めば、 電話送信機本体のセットは完了です。


一般公衆回線(アナログ回線)の接続イメージ


設定方法
使用する電話の通信形態を設定します。

パルス式(ダイヤル回線)
Memキーを押して*キーを押します。

トーン式(プッシュ式)
memキーを押して#キーを押します。

お使いの電話が、ダイヤル回線かプッシュ回線かわからないときは、 NTTの116番に電話して、ご自宅の電話番号を告げて問い合わせてください。

ISDN回線でTAのアナログポートに接続する場合は、トーン式(プッシュ式)を選択します。


通報先電話番号を登録します。
1番目に登録する電話番号押してから、Memキーを押して、1(登録は1〜4まで)を押します。

(例)
00-111-222200を通報先1番に登録する場合。

00-111-222200(通報先の電話番号)

memキー


となります。実際にやってみると簡単です。

付属の説明書はたいへん詳しいので、実際にセットする際は必ず説明書を読みながら作業を行ってください。




一般公衆回線(アナログ回線)の接続イメージ


ISDN回線の接続イメージ


ADSL回線の接続イメージ


電話通報機の接続方法 ADSL回線の場合



実際の取付の際は、必ず同封の説明書に従って行ってください。



ご質問、機器の運用方法のご相談、詳しい資料のご請求はこちらからどうぞ。
お待ちしております。資料請求は無料です。お気軽にご請求ください。
お見積もりのご依頼も無料で承ります。 メールで見積書を送信させていただきます。(PDF形式ファイル)


販売者

株式会社 LIBERO(リベロ)
〒937-0811
富山県魚津市三田3507-2
TEL(0765)24-2816
FAX(0765)24-2793
セキュリティ担当責任者 中田康志

特定商取引法に基づく表記

あなたのお名前をどうぞ:
あなたのメールアドレスをどうぞ:
ご意見、ご注文:

お問い合わせ、ご注文の方はご住所をお願いいたします。
郵便番号:
都道府県:
ご住所(市町村以下):

お電話番号:

ご意見欄:メッセージをどうぞ。

メールアドレスを再度ご確認願います。


内容の無断転載とリンクを禁じます
.