トップページへBBeeDタイプトップページへ取り付け方法おすすめ導入例購入会社案内

-BBeeの操作はとっても簡単です-


【基本操作 BBeeの警戒状態のON/OFF操作】

外出する時はドアを出て施錠してから、操作リモコンをONにして警戒状態にします。
帰ってきたら、ドアを開ける前に、玄関の外でOFF(解除)にします。

リモコンでONにするだけでセンサーを設置した個所全部が警戒状態になります。

操作リモコンのサイズ
下はライターです


防犯モードのしたときはピピッ!
下のボタンを押します。

電池はセンサーと同じくボタン電池(CR2032)を使用しています。 電池の寿命は1日2回送信で約1年間です。


解除したときはププッ!
上のボタンを押します。
ON/OFFボタンを押すと赤いランプが光り、送信を確認できます。 異なる音ですからON/OFFの状態が分かり易くなりました。

同じ製品同士の区別のため、製品には個別のI/D番号が付与されています。 商品はメーカーで独自のデジタルI/D番号を登録してから出荷されます。 他のBBeeのリモコンではON/OFF操作はできません。


無線フラッシュブザー(オプション機器)

警戒時にセンサーが作動した時、自動的にフラッシュ光の点滅と75dBの警報ブザーで、 家の外に異常を報せます。ご近所に異常があったことを知らせるので、防犯効果は抜群です。 ブザー音は75dB、警報時間は3分間です。 電源は100V電源の有線方式。

屋外の玄関軒下など雨のかからない目立つ場所に設置します。 (防水構造ではありません。)

無線フラッシュブザーの警報履歴の表示(緑ランプの点滅)と解除について。
警報が発生した場合、警報音とフラッシングが停止した後も、 フラッシュブザー下の小さな緑色ランプ(上の写真参考)が点滅し、 警報が発生したことを家に入る前に知らせます。 緑色ランプの点滅を解除するためには、ON/OFF操作リモコンで本体の警戒をOFFにした後に、 無線フラッシュブザーの電源を一度切ってください。 (無線フラッシュブザーのコンセントを抜く。)その後、再度電源を入れてお使いください。
また設置の際は、電源を切らなければいけない時もあることを考えてコンセントを設置してください。




非常リモコンの取扱(ブローチ型)

非常リモコンを胸ポケットにピンで取り付けます。
操作リモコンのサイズ
下はライターです


警報軌道スイッチのピンを引き抜くと非常通報がBBee本体に 無線送信され、大音響が鳴り響きます。




無線式センサーライトの取扱

無線センサーライトはBBeeの無線センサーを内蔵した製品です。
BBeeの警戒中(ON)にセンサーライトが点灯すると、約10秒間BBee本体から ピッピッピッと警戒音が鳴ります。
屋外の自動車やバイクの監視に最適です。
(電話通報機には接続できません。)

警戒解除中(OFF)は警戒音はなりません。 通常のセンサーライトとしてお使いいただけます。 説明書に従って、付属のネジを使って警戒したい場所に設置してください。



商品下には、時間調整ツマミと点灯調整ツマミが付いています。 時間調整ツマミで、5秒〜10分間、点灯時間を調整できます。
点灯調整ツマミでは実際に点灯させたい周囲の明るさを調整できます。 (昼)にすると昼も夜も点灯、(夜)にすると夜だけ点灯します。 ツマミをまわしてその中間も設定できます。

電源は家庭用のコンセントをお使いいただけます。




来客アラーム開閉センサー(オプション) の操作方法

来客アラーム開閉センサーは防犯用センサーと来客アラームの2役をこなします。 商店や事務所に最適です。

開閉センサーと同じ要領で、裏面の両面テープでドアに貼り付けてください。

リモコン操作で、自動的に防犯機能と来客アラーム機能が切り替わります。
警戒ON →防犯ブザーの機能に。
警戒OFF →来客アラームの機能に。
在宅時(防犯センサーOFFの状態)には自動的に来客アラームに切り替わります。 センサーを付けたドアが開くと、ピンポーンと来客を知らせます。 警戒中(防犯装置ONの状態)は自動的に防犯センサーに切り替わり、 このドアが開くと大音量の警報ブザーが鳴ります。






内容の無断転載とリンクを禁じます
.